So-net無料ブログ作成
検索選択

今乗っている車を手放したいと思っても査定目的で

今乗っている車を手放したいと思っても、査定目的で業者のところに直接、車で行こうというのはよほど急いでいない限りおすすめしかねます。
同業他社の査定額を比較することもなしに来店すれば、相場より安値で売却してしまうこともあるからです。
あえてメリットを挙げるならば、最小限の時間で売却手続きを終えられるということでしょう。
査定と買取を行う店まで現物を搬入するところまでが済んでいるわけですし、売買契約に必要な書類や印鑑が揃っていれば、その日だけで売却手続きが終了する場合もあります。
あとで後悔しないために、中古車屋と売買契約を結ぶ際は必ずしておくことといえば、ずばり、「契約書の熟読」、ただそれだけです。
契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、サイン(押印)した時点で効力を発揮します。
口頭で説明されたとおりのことが契約書に記載されているか、ことに金額やそれに関する諸条件は納得がいくまできちんと読むことが大切です。
表の文面だけでなく裏の小活字の文章や補足に至るまで読ませてもらい、それで良ければハンコを押すようにしましょう。
急かす業者は論外です。
返済が終わっていない状態で車を売却する場合、いったん完済しなければ売却は不可能ですから注意が必要です。
つまり、完済前の車の所有権はローンを払っている人間ではなくローン会社にあり、実際の所有者名義もローン会社であることが一般的だからです。
残債を売却前に全部払えるのであれば困らないのですが、不可能であれば無理をせず、買取額を使って自動車ローンの残額の支払いに充当するという方法をとれば大丈夫です。
但しこの場合は相手方の同意が絶対条件となり、いくつかの手続きを踏まなければいけません。

早咲きの河津桜が見頃 静岡花見客にぎわう

花見客は色鮮やかな花に目を見張り、桜のトンネルを楽しげにくぐった。友人3人で訪れた静岡県松崎町の主婦藤井久美子さん(47)は「10年ぶりに来たが、やっぱり素晴らしい。心和む」とほほ笑んだ。 花は3月上旬まで楽しめそう。河津町では同月10日まで「河津桜まつり」を (続きを読む)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: